Googleはブログのどの単語をみて検索用キーワードとして評価しているのか!?

Googleはブログのどの単語をみて検索用キーワードとして評価しているのか BLOG

書いた記事をGoogle検索結果の上位に表示させたいのであれば、最低限やっておくべき方法を紹介します。

例えば「子育て」について書いた記事であれば、Googleで「子育て」と検索すると自分の記事が検索結果で表示されるようにしたいですよね。

しっかりSEOを理解してブログを運営しているブロガーさんであれば、狙ったキーワードで上位表示させることを意識して記事を書いておられます。

じゃあ、「どのように記事を書けば狙ったキーワードがGoogleに伝わるようのか」を説明します。

広告

記事のタイトルに狙ったキーワードを入れよう!

説明するまでもなく、Googleなどの検索エンジンでは、記事のタイトルを検索結果として表示させます。

いわば、記事の顔になる部分ですよね。

このタイトルに含まれる単語を使って、この記事は何について書かれてあるんだとGoogleが判断している場合も多いです。

ですので、タイトルは「効果的かつその記事をよく説明したタイトル」にしましょう。

文章中のHタグに狙ったキーワードを入れよう!

Hタグは文章の見出しとなる部分に使われます。

文章中のHタグ(見出しタグ)は、検索エンジンに最もよくみられる部分です。

記事全体のテーマとなるキーワードは、できるだけこのHタグに含めるように工夫しましょう。

ときどき見出しを画像にしてしまってるブログを見かけますが、SEO的にいえばあまりオススメできません。

検索エンジンが評価する単語

検索エンジンは記事中にある単語を抽出して、どのように使われているかでその単語の重要度を評価しています。

主に検索エンジンが評価している単語は次のものになります。

  • Hタグ(見出し)に含まれる単語
  • Bタグ(太字)など文字列を強調するタグに含まれる単語
  • ページ本文の上部にある単語
  • 同じページで何度も使われている単語

簡単にいうと、見出しに使われている文字列、太字などで強調されている文字列は検索エンジンに重要な単語として認識されます。

あとは、本文のページ下部よりページ上部にある文字列、1度だけではなくて複数回使われている文字列が重要なキーワードとして評価されます。

Googleに評価してほしいキーワードがある場合の対処法

まとめると、

「ページの上部にH要素を配置し、その中にキーワードを含め、本文中でも複数回狙ったキーワードを使うなどの工夫をする。」

ということになります。

ただし、やり過ぎには注意が必要です。

過去にSEO対策といって、狙ったキーワードを文章中にしつこく使うなど、日本語として読みにくい文章のサイトが増えてしまったことがあります。

Googleはユーザー体験をもっとも重視します。ユーザーにとってGoogleが素晴らしいものでなければ、Googleの収益が増えないからです。

結果、GoogleはSEOだけを意識し過ぎているサイトをSEOスパムとみなしてペナルティを与えるようになりました。

基本はブログを読んでくれた人が読みやすい文章を心がけることです。その上で、SEOにも適したライティング技術も取り入れるというのがベスト。

Googleがキーワード検索結果とユーザーをマッチングさせる技術はとても進化していて、精度がどんどん上がってきています。

その結果、Googleは良質なコンテンツ記事を上位に表示させるようになっています。

ブロガーにとっては、自分のブログの文章がどれだけ読者さんにとって読みやすく、読んで良かったーと思ってもらえるようなコンテンツを増やしていくことが大切な時代です。

タイトルとURLをコピーしました