【厳選】夢を叶える自己成長のためのオススメの啓発本10選

LIFE

WordPressサイト制作のフリーランサーとして独立してあれこれ数年が経ちます。

まったく経験も人脈もないところから始めたにも関わらず、これまでに多くのお仕事をいただいてきました。なかには、ある有名自動車メーカーの公式ブログの制作を頼まれたこともあります。

「いったいどうやって?」と思われる方も多いと思いますが、独立前から読んできた本の影響が大きいと思っています。

人生をうまくいかせたいと思い、夢中になって読んだ啓発本のなかからオススメをご紹介します。

たくさんの本を読みましたが、特に記憶に残っている本たちです。

これらの本に書いてあることを知っているのと知らないとでは、成功へのスピードが全然違います!

広告

1.ザ・シークレット

この本には、「秘密」を実践して、健康、富、幸せを手に入れた現代の師達の叡知が紹介されています。また、本書の中で明らかにされている知識を応用することで、病気を治したり、莫大な富を手に入れたり、障害を克服したり、不可能と思われたことを達成した経験など説得力のある話が紹介されています。

amazon.co.jp

友人のオススメで知った本です。その友人は「引き寄せの法則」を実践することで、起業して大成功しています。受け取れるものに制限はないそうです。また悪いことを考えるより良いことを考える方が引き寄せる力は何倍も大きいと書いてあります。本当かどうかわからなくても、実践してみるメリットは大きそうです。

映画にもなっていますので、動画で先にみるのもオススメです。動画の紹介はこちらのリンクからどうぞ。

2. アルケミスト 夢を旅した少年

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

amazon.co.jp

実写版『アラジン』のジーミー役でも有名なウィル・スミスさんの愛読書としても有名な本です。

実はずいぶん昔に読んだ本になります。でもずっと心に残り続けている本です。「自分は無力でダメな人間だ。」と思ってしまいそうになったときに、「いや、自分は夢を追い続ける強い人間だ。」というふうに思えるようになったきっかけの本です。

3. なまけ者のさとり方

もっと自由で、あたたかく、平和で、愛にあふれた世界に、どうすればたどりつくことができるのでしょうか――。本書は、つらい時、苦しい時、途方に暮れた時に心の迷いを晴らしてくれる、世界一やさしい人生のガイドブック。アメリカの片隅で生まれ、多くの人に読み継がれた50万部のベストセラーが日本に上陸して17年、ロングセラー待望の文庫化です。

amazon.co.jp

「悟り」について書かれたとてもシンプルな本です。石田ゆり子さんがバイブルにしてると語られている本だそうです。石田ゆり子さんのあの佇まいの原点はこの本なんだと思うと納得できます。慣れない人にはちょっと読みにくいかもしれませんが、そばに置いとくだけでもリラックスできる本でオススメです。

4. 「原因」と「結果」の法則

何かにつまずいた時や心が弱った時、頼りたくなるのが啓発書だ。本書は1902年に英国の作家によって記されたもので、世界に数多くある啓発書のルーツとも言われている。意外なことに、日本語版は今回が初出となる。 現実がままならないのは、すべて悪しき思いによるもので、環境のせいではないと説く。結果としての成功も失敗も、その原因は必ず人間の心の奥底にある支配的な思いにあると言う。

amazon.co.jp

100年以上も前に書かれた啓発書です。今では和訳された本はいくつか出ているのですが、この本の和訳が一番しっくりきました。必ず結果には原因があり、その原因は結局は自分の心の持ちようにあるというふうに私は解釈しました。

5. 仕事は楽しいかね?

あなたの仕事観を揺さぶる180ページの物語。

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の”私”。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した。

amazon.co.jp

物語風に話が進んでいくので、とても読みやすいです。さらっと読めてしまうのですが、実は深い部分を秘めています。あれこれ試してみることの大切さや、失敗への向き合い方など、読んでいくうちに仕事に対する悩みが解決できるかもしれません。仕事に悩んでるときに読んで助けられた一冊です。

6. 夢をかなえるゾウ

200万部を突破したベストセラー。「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」この疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。
主人公は「人生を変えよう」と思っているけど、何も変えられない普通のサラリーマン。そこへある日突然、ガネーシャというゾウの姿をした神様が現れ、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけの怠惰極まりない生活を始めます。
しかしガネーシャは自信満々にこう言います。「今からワシが出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――」。

amazon.co.jp

ドラマにもなりましたね。この本もストーリー仕立てになってて読みやすく、読んでて面白いです。「こんなんで成功できるの?」と思いながら読みました。本質を習慣化することの大切さを学べます。本が苦手な方にもオススメの本です。

7. 改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん

「自らの力で生きていくためのバイブル」として本書はますます必要とされています。

しかしそれを、学校や周囲の大人は教えてくれません。
だからこそ「金持ち父さんの教え」を今一度手に取り、物質的にも心的にも人生を楽しむ余裕を手に入れてほしいのです。

amazon.co.jp

『金持ち父さん 貧乏父さん』というこの本はビジネスをされている方は必ずといっていいほど、一読されているんじゃないでしょうか?私はこの本で、資産という意味を取り違えていたことに気付きました。「資産ってなんですか?」と訊かれると高級車や豪邸を思い浮かべてましたが、そういうものは資産でないということを教わりました。「資産」とはお金を生み出すものです。そういう視点からブログは資産になるという思いで、ブログ活動をしています。

8. ユダヤ人大富豪の教え

本書のなかで著者は、「3日以内に1000人分の署名をもらう」「電球を1000個売る」など、数々の課題を乗り越えながら、お金持ちになるための心構えや手法を学んでいく。困難にぶつかったときに創造的なアイデアを出せるかどうか、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れられるかどうか、自由人と不自由人で異なる人生のルールを受け止められるかどうか…。含蓄に富んだ言葉は枚挙にいとまがない。こういった心構えのほかにも、セールスの秘訣やスピーチの極意、人脈作り、お金に関する知識など、成功に必要なノウハウにも、具体的に触れている。

amazon.co.jp

こちらは書きながらもう一度読み直してみたくなった本。物語風に話が進み、そのなかで主人公がいろいろな課題を与えられながら学んでいくという内容です。最近はマニュアルに頼りすぎて、創造的なアイデアが出すのを忘れがちになっているような。もう一度読んで、ビジネスやブログに活かしたくなりました。

9. チーズはどこに消えた?

この小さな本が世界のビジネスマンを変えてゆく! 迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人。彼らは迷路をさまよった末、チーズを発見する。チーズは、ただの食べ物ではなく、人生において私たちが追い求めるもののシンボルである。ところがある日、そのチーズが消えた! ネズミたちは、本能のままにすぐさま新しいチーズを探しに飛び出していく。ところが小人たちは、チーズが戻って来るかも知れないと無駄な期待をかけ、現状分析にうつつを抜かすばかり。しかし、やがて一人が新しいチーズを探しに旅立つ決心を…。大手トップ企業が次々と社員教育に採用。単純なストーリーに託して、状況の変化にいかに対応すべきかを説き、各国でベストセラーとなった注目の書。状況変化への対応を説いたビジネス書として、人生のいろいろな局面を象徴した生き方の本として多くの人に読まれています。アナタの人生は確実に変わる!

amazon.co.jp

まだ自己啓発という言葉も知らないくらい昔に読んだ本です。当時はネズミと小人のお話として読んでいましたが、社会に出るようになって、内容の意味が少しずつわかってきました。いつまでも過去に引きずられる必要はない、状況は変化しているんだということを諭してある本です。オススメ!

10. フリー ―<無料>からお金を生みだす新戦略

あなたは、創造的にも破壊的にもなり得るこのフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか。
なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか? あなたがどの業界にいようとも、”無料”との競争が待っている。それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得るこのフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか。

amazon.co.jp

ちょっと自己啓発とはジャンルが異なるかもしれませんが、かなり刺激を受けた本です。インターネットが普及して、無料という概念が当たり前になってきました。

ブログもそうですよね、私たちが時間をかけて書いた文章や情報を無料で公開してるわけです。でも無料で公開しながら収入を得る仕組みがあります。無料からお金を生み出す仕組みをどうつくるかについて考えさせられる本です。

読書はKindleで。

Kindle端末を持ってない方&新調したい方も、この機会にいかがですか?

今回ご紹介した本の中でも『なまけ者のさとり方』や『仕事は楽しいかね?』など、Kindle Unlimitedに登録すれば0円で読めるものもあります!

タイトルとURLをコピーしました